*

大隅良典の嫁と子供が気になる!生い立ち(性格)と家族構成も調査!



150326_ohsumi_w2501

2016年のノーベル医学・物理学賞に

大隅良典さんが受賞しました。

 

なんでも細胞が不要になったたんぱく質などを分解する

「オートファジー」と呼ばれる仕組みを解明したことが

 

高く評価されての受賞みたいです。

 

私を含めて一般の人たちからはよく解らない仕組みなのですが

とてもすごい発見なのでしょうね。

 

ちなみにノーベル医学・物理学賞の受賞は

2015年の大村智さんに続き4人目なんだとか。

 

 

そこで今回は大隅良典さんの嫁さんや子供の情報。

また、生い立ちと性格、さらに家族構成なども調べてみることにしました。

      スポンサードリンク

 

大隅良典さんの嫁と子供を調べてみた!

 

まず始めに大隅良典さんの嫁さんと子供の事を調べてみたところ

嫁さんである万里子さんは生命科学の研究者ということがわかりました。

 

生命科学ということは地球上にいる生命体のことについて

研究しているんでしょうか?

 

夫婦共々素晴らしい研究をしていますね。

 

また、大隅良典さんは嫁さんのことをとても尊敬しているそうで

何年たっても尊敬し続けているなんてすばらしいことです。

 

そして、子供についてですが

どうやら息子が2人いるようで

 

その内の1人は小児科医として活躍しているみたいですよ。

 

さすがエリート夫婦の間に生まれた子供たち。

スポンサードリンク


それなりの道を進んでいるんですね。

 

ちなみに子供たちはすでに結婚しているんだとか。

 

 

余談ですがネット上で検索されている「大隅典子」さんとは

嫁でも親戚でも兄妹でもないようで

 

単に苗字が一緒なだけみたいですよ。

 

 

大隅良典さんの生い立ちや性格と家族構成は?

 

次に大隅良典さんの生い立ちや性格

さらに、家族構成などを書いていきます。

 

大隅良典さんは太平洋戦争末期の1945年2月に福岡県福岡市で

九州大学工学部で教授を務めていた父と母との間に

 

4人兄弟の末っ子として生まれました。

 

 

そして幼い頃、兄からのプレゼントでもらった自然科学の本を親しみ

特に八杉龍一の「生きものの歴史」

 

マイケル・ファラデーの「ろうそくの科学」、三宅泰雄の「空気の発見」などに

心を動かされ、これをきっかけに科学に興味を持ったそうです。

 

 

また大隅良典さんの性格は自他共に認める「へそ曲がり」で

「人と違うことをやる」ということをモットーにしていたんだとか。

 

やはり大隅良典さんのような科学者は相当な努力家でないと

研究は続かないと思いますし

 

「流行を追いかけずに自分の面白いことをやるのが私の基本精神」という

大隅良典さんの考えだからこそ

 

「オートファジー(自食作用)」という発見につながったんだと感じました。

 

 

やはり研究者はいい意味で少し変っている人の方が

素晴らしい発見につながっているんだと思いました。

 

それ以外にも長年研究を続けるための「我慢強さ」とい性格が必要でしょうけど。

スポンサードリンク


 

関連記事

山中伸弥の性格や年収は?嫁や子供は?実家の家族や出身学校も!

  2012年、ノーベル賞を受賞した 山中伸弥さん。  

記事を読む

梶田隆章教授の嫁や子供の情報は?年収も気になる!家族や出身学校も

  大村智さんに続き   2015年のノーベル物理学賞

記事を読む

大村智の性格や家族構成は?年収や出身学校も気になる!

  ノーベル医学・生理学賞に北里大学特別栄誉教授の 大村智さんが受賞し

記事を読む


PAGE TOP ↑