*

韮山反射炉が世界遺産に!?注目の混雑日と駐車場やアクセス方法は?



 

20130413221849[1]

静岡県伊豆の国市にある韮山反射炉が

2015年5月、イコモスから世界遺産登録に推薦されました。

 

韮山反射炉は「明治日本の産業革命遺産」として

九州・山口の関連地域を含めた構成資産の1つで

 

2015年6月下旬から7月上旬にかけて正式決定する見込みです。

 

 

そんな韮山反射炉に来る方のためにアクセスや混雑日

また、駐車場の状況などをお伝えします。

      スポンサードリンク

 

韮山反射炉とは?

 

 

反射炉とは銑鉄と呼ばれる不純物を多く含んだ鉄を

溶かして質のいい鉄を生産するための「炉」です。

 

その銑鉄を溶かすには千数百度の高温が必要だそうで

 

反射炉の場合、炉の内部にある溶解室の天井部分が

浅いドーム形になっていて

 

そこに炎や熱を反射させ

銑鉄に集中させることで高温を作り出す構造になっています。

 

04[1]

 

そして、溶かした鉄は専用の型に流し込んで

大砲などに加工させたそうです。

 

また、近年の発掘調査で砲弾の鋳型(金属を流し込む型)が

発見されました。

 

 

ちなみに、反射炉で作られた大砲は、1853年ぺリーが来航する際

国を守るために東京のお台場に設置されたといわれています。

 

 

韮山反射炉へのアクセス方法や駐車場また混雑時期は?

 

スポンサードリンク


 

 

韮山反射炉に行く際、自家用車を利用される方も多いかと思いますが

世界遺産正式決定後は相当な混雑が予想されます。

 

 

その理由として、韮山反射炉の周辺にある駐車場の数が

限られているためです。

 

調べてみたところ、大型バスを含めて100台程度しか停められないようで

数万人規模で来場した場合、車を置く場所に困ってしまいます。

 

hansyaro_200904_01[1]

 

また 、渋滞が発生する可能性もあります。

 

 

 

 

ですからおススメはやはり、公共交通機関を利用し

最寄りの駅から無料シャトルバスを使う方がいいかもしれません。

 

 

 

そして気になる混雑時期は

 

第39回世界遺産委員会が

2015年6月28日から7月8日まで開催され

 

韮山反射炉を含む資産の決議は7月3日~6日と予測されます。

 

 

その為、この時期から来場者が増える為

混雑するかと思います。

 

 

またこの時期は、平日・休日問わず混雑するため

反射炉に来る際は事前に調べてくることをお勧めします。

 

 

ちなみに、世界遺産に推薦することが決まった

2015年5月4日の翌日から

 

ゴールデンウイーク期間中でしたが普段の4倍近い観光客が訪れ

周辺が混雑しました。

 

 

 

韮山反射炉に来る際はホームページなどで事前に確認していただき

素晴らしい世界遺産をぜひ見に来てください。
伊豆の国市ホームページ

 

スポンサードリンク


 

関連記事

記事はありませんでした


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • FODプレミアム
PAGE TOP ↑