*

小日向しえが離婚したのは不倫(浮気)が原因?今後はどうなる!



おしどり夫婦と言われていた

ココリコの田中直樹さんと女優の小日向しえさんが

 

2017年5月2日所属事務所を通じて

離婚したことを発表しました。

 

突然のニュースに驚いた人も多いと思います。

 

ニュースを読んでみると

子供の親権は田中さんが持つということなのですが

 

一体どうゆうことなんでしょうか?

 

そこで今回は小日向しえさんの

不倫が原因で離婚したのでは?と

 

噂されている真相を探っていくことにしました。

      スポンサードリンク

 

小日向しえの離婚理由は不倫(浮気)が原因か?

 

まずは小日向しえさんと田中直紀さんの離婚原因を

色々な可能性を考えながら書いていきます。

 

 

まず事務所から発表されたコメントを見てみましょう。

 

「私ごとで大変恐縮ですが、私田中直樹は、

この度、小日向しえさんと離婚することになりました」

 

「話し合いを重ね、このような結論に至りました。

これからは、夫婦という形ではなくなりますが

 

子どもたちの父親、母親として

しっかりと責任を果たしていきたいと考えております」と話していて

 

離婚に至った原因が書いてありません。

 

スポンサードリンク


また、子供の親権は田中直紀さんが持つと

報道されていることから

 

 

世間からは「小日向しえさんに原因があるのでは」?

と思われているようです。

 

そこで考えられるのは小日向しえさんの不倫や浮気ですよね。

ですが不倫や浮気の証拠がない以上断定できません。

 

 

それとも夫婦間のすれ違いが原因で離婚してしまった

可能性も高そうです。

 

夫婦間の問題は当事者でしかわからないですから

かなり前から何かあったんだと思われます。

 

 

2人は協議の末離婚したと発表しているので

突然ではなかったと思いますが

 

どちらかに問題があったんでしょうね。

 

 

今後、詳細な情報が発表され次第追記したいと思います。

 

 

小日向しえと田中直紀の今後はどうなる?

 

あと気になるのは小日向しえさんと田中直紀さんの

今後の事についてですよね。

 

2人は離婚後も

子供たちを責任もって育てていくことを発表しています。

 

離婚して夫婦ではなくなったけど

子育てはしっかりやっていくということでしょう。

 

さらに小日向しえさんは女優として仕事復帰もあるのか気になりますが

現時点で何も発表がないので何とも言えませんが

 

田中直紀さんは今まで通りお仕事を続けていくと思われます。

 

 

2人は離婚しましたが

子供たちは何の罪もないので

 

これからもあたたかく見守っていきたいですね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク


 

関連記事

小林麻央が乳がんで使う抗がん剤の種類や副作用は?手術時期はいつ?

  2016年6月9日、フリーアナウンサーの小林麻央さんが 「進行性が

記事を読む

相沢紗世の子供の名前と画像は?元彼はあの俳優?出身学校も

  2015年10月14日、カリスマモデルの相沢紗世さんが 密かに入籍

記事を読む

重盛さと美の性格はヤンキーで彼氏の画像は?家族構成や出身学校も!

  天然・おバカキャラとして活躍中の 重盛さと美さん。 &nbs

記事を読む

久松郁実の性格と身長は?熱愛彼氏や演技力は?家族構成や出身学校も!

  ファッションモデルとして活躍中の 久松郁実さん。  

記事を読む

秋元梢の性格や経歴は?身長と男性のタイプは?家族構成と出身学校も!

  ファッションモデルとして活躍する 秋元梢さん。  

記事を読む

大政絢の性格は天然?デビューのきっかけや家族構成は?出身学校など

  ファッションモデルや女優として活動している 人気の大政絢さん

記事を読む

田中美保の性格や体重は?稲本潤一と子供は?家族構成や出身学校も!

  ファッションモデルとして活動する傍ら タレントや女優業などでも活躍

記事を読む

檀蜜の気になる生い立ちや芸名の由来は?家族構成や出身学校など

  バラエティー番組などに引っ張りだこの タレント・檀蜜さん &

記事を読む

GENKINGの経歴が凄い!本名や年齢も判明?家族や出身学校は?

  Instagramから話題を集め 今では数々のテレビ番組に出演して

記事を読む

大野いとの性格や演技力は?体重や本名の由来も!家族構成や出身学校など

  ファッションモデルとして活躍中の 大野いとさん。  

記事を読む


  • FODプレミアム
PAGE TOP ↑