*

信長協奏曲(映画)の本能寺の変ロケ地はここだ!セット画像も公開!



426011_pcl[1]

2016年1月23日

いよいよ映画「信長協奏曲」が公開されますね。

 

この映画を楽しみにしているファンの方も多いと思います。

 

 

この映画では織田信長のクライマックスである

本能寺の変が登場しますが

 

果たして主人公である「サブロー」は

最後の時を迎えてしまうのか

 

はたまたタイムスリップし

元の時代へ戻ってしまうのか、その結末が気になるところです。

 

 

そこで今回は映画「信長協奏曲」で本能寺の変が撮影された

ロケ地の情報や本能寺のセット画像などを書いてみました。

      スポンサードリンク

 

映画「信長協奏曲」本能寺の変ロケ地は意外な場所!

 

今回、本能寺の変が撮影されたロケ地は

意外な場所だったということを知っていますか?

 

それは2015年7月「明治日本の産業革命遺産」として

世界遺産登録された「韮山反射炉」がある市

 

静岡県伊豆の国市がロケ地だったんです。

 

20130413221849[1]

 

韮山反射炉が世界遺産に!?注目の混雑日と駐車場やアクセス方法は?

 

しかしながら、皆さんに悲しいお知らせがあります。

 

実はこの場で詳細な場所をお伝えしたかったのですが

伊豆半島でも有名なロケ地であることと

 

今後も映画やドラマの撮影予定がある事を考え

関係者や地元の方々に配慮させていただくため

 

詳細な場所は控えさせていただきます。

 

映画のロケ地巡りを楽しみにしていた方には

申し訳ありませんが

 

ご理解いただきますようお願いします。

 

 

ですがこれではあまりにも申し訳ないので

少しだけ周辺の情報をお伝えすると

 

 

本能寺の変が撮影された場所はかなり山奥で

最寄りの駅から歩くと1~2時間かかるようなところで

 

またロケ地周囲は民家はおろか

地元の人たちの畑が点々とあるだけの所です。

 

 

さらに敷地内は電柱や電線もなく

大自然に囲まれた場所なので

スポンサードリンク


 

今回の映画「信長協奏曲」のような

時代劇物には最適な条件が整っているなぁと感じました。

 

 

ちなみにこの場所は2008年公開の映画で

柴咲コウ主演の「少林少女」が撮影された場所なんですよ。

20090426201914b11[1] n_604kwx421rpl[1]

 

 

映画「信長協奏曲」で使用した本能寺の画像を公開!

 

次に撮影現場に本能寺のセットが組まれていましたが

その画像を公開したいと思います。

 

その画像がこれ

image2

さらにもう一枚

image4

 

本当は正面から撮りたかったんですが

敷地内は当然、関係者以外立ち入り禁止なので

 

撮影は出来ません。

 

 

またこの画像を撮影した当日は

ロケ撮影の日でないにもかかわらず

 

映画関係者が24時間体制で常駐しているみたいです。

 

 

ちなみに本能寺のセットは

地元の大工さんが2週間ぐらいで建てて

 

撮影が終了すると燃やして処分したようですよ。

 

 

まぁ実際の本能寺の変では信長が寝込みを襲われ

包囲されたのに気づくと

 

自ら寺に火を放ってしまうので燃えちゃいますからね。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

映画「信長協奏曲」のハイライトである本能寺の変は

「こんな所で撮影さていたんだ!」と思って

 

観ていただくと幸いです。

スポンサードリンク


 

関連記事

記事はありませんでした


  • FODプレミアム
PAGE TOP ↑